女の人

社員教育や研修でスキルアップを目指そう|企業に必要な人材を育てる

女性でも働ける環境

オフィス

仕事と育児の両立を企業が自らサポート

事業所内保育とは、企業等が自社のオフィスや工場などの敷地内または近隣地に保育施設を設け、従業員の子供を預かることをいいます。小さな子供を持つ従業員、とりわけ女性に対して育児と仕事の両立を図ることを支援する目的で設けられるものです。待機児童問題が盛んにマスコミ報道されていることからもわかるとおり、地域保育においては需要に対し供給が追いついていないというのが現状です。そのため、せっかく能力やキャリアを持ちながら育児に専念するため仕事を続けることをあきらめなければならなくなる女性も少なくありません。事業所内保育はこうした問題を解決し、女性の社会進出を後押しする手段となります。事業所内保育は企業等が独自に施設を設けて認可外保育所として運営する方法と、正式に認可を受ける方法とがあります。また最近では専門の事業者に運営を委託する例も目立ってきています。

公的助成制度も利用可能

事業所内保育の導入は出産を終えた従業員の早期の職場復帰を促し、人材の有効な活用を推進します。さらに福利厚生制度の充実ぶりをアピールすることで新規採用者のリクルート活動時において利点となるばかりでなく、企業イメージの向上にも役立てることができます。一方、従業員にとってはその企業等に長く働き続けるためのモチベーションの維持につながりますし、保育場所と職場の物理的な近さは安心感をもたらします。現在、事業所内保育施設の設置に関しては厚生労働省が支援制度を設けており、設置費用の最大3分の1(ただし規模に応じて上限あり)が助成されます。また設置後の運営費についても国やいくつかの自治体が助成制度を設けており、すべてを利用すれば運営コストの50パーセント程度を助成金によってまかなうことも可能です。

戦力となる人材を育てるために

企業にとっては必要な人材を育てるために社員教育を行なうことも大切とされています。特に新人の場合は仕事について何もわからない状態であるため、しっかりした指導を行ない徐々に仕事を覚えてもらうようにしなければならないのです。そのため、多くの企業では社員教育のために研修期間を設けて先輩が指導を行なっているのです。そうすることで、企業にとって戦力となる人材が育ちます。

外部に依頼も出来る

スーツの人達

企業において、適切な営業研修を行なう事で社員の技術や知識を付けるだけでなくやる気の向上にもつながり、大きな業績につながります。そのためしっかりと研修を行なう必要があるのです。

詳細へ

手間も掛からず委託できる

スーツの人達

企業の利益にも大きな影響を与えるのがラウンダーです。新人を一から教育してラウンダーとするには時間と費用が掛かりますが、代行会社に依頼することで、手間もなく業務を委託できます。営業による外回りを頼めるほか、店舗の陳列方法の変更など、さまざまな業務に携わってくれます。

詳細へ